• The last frontier, solo

    受注生産になります。

    ご納品まで2ヶ月ほどいただきます。

    キャンプオンパレード工房にて作っています。

    国内生産でのオーダーですので、色の組み合わせ、細かな仕様など、我儘をおっしゃってください。

    対応をいたします。

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    ベーカーテント。

     

    この形式は、残念ながらローマ時代の文献で見つけることは難しい。起源は、17世紀の北米における毛皮貿易時代だと言われている。ネイティブアメリカンとヨーロッパ系アメリカンとの物々交換の時代である。生地一枚と、枝を拾えば作れる簡便さが重宝されたのだろう。そして、その後、北米の山岳地方で良く使われるようになった。

    Baker(ベーカー)と呼ばれるようになった語源は二通りの説がある。18世紀に良く使われたのがYankee Baker Oven という調理器具であり、その調理に適していたから、というもの。第一次世界大戦で、パンを焼く職人用として使われたから、というもの。

     

    このテントの形式を出しているテントメーカーは、今では多くはない。ただ、アメリカではボーイスカウトで良く使う形式である。

     

    男っぽく使うのも良し。カーテンを色々と付け加え、優雅にクラシカルに飾るのも良し。
    solo は、ソロからお二人までの利用に適した大きさです。
    メッシュを閉めた内側は、コットを一つ置く、もしくはグランドシートをしいてお二人で寝るのに丁度適した大きさです。フロア無しのみになります。

    テントの前面を覆うカバー標準でつくようになりました。

    タープポールと同じ、ホワイトアッシュを削り出し、飾りがついて、真鍮でつないでいくポールが、テントをたてるのに必要なだけ付属しています。ガイロープと真鍮の自在も付属をしています。ペグだけお求めください。
    写真には写っていませんが、タープポールの先端キットと同じ飾りも標準でついています。

     

    ポール有りをお選びの場合は、後ろ側の90cm×2本、真ん中の70cm+80cmのセットが2本、前の90cm+30cm+90cmのセットが2本付属します。

    市販のポールでも長さが合えば、代用できます。その場合は150cm,210cmは荷重がかかりますので、太めのものをお選びください。

    薪ストーブ用の煙突ポートが付属しています。煙突の径は、ご指定ください。
    勿論、テントの生地はベンタイル。その強さと、耐水性、軽さを味わってください。

    ポール無しをお選びの際は、適合するポールに関して、お問い合わせください。

    オーダーの際にお選びいただくのは、以下の項目です。

    1)幕の色:ベンタイルの生地見本の中からお選びいただけます

     色の組み合わせをご希望の場合は、直接にお問い合わせ下さい。

    2)メッシュの色:黒もしくはオフホワイトからお選びいただけます

    3)煙突ポートの径:任意にご指定ください

    重量:7kg(ポール除く)

    収納時サイズ:幅850mm、奥行き310mm、高さ120mm

    付属品:ポール、ポール先端キット、張り網、自在

     

    月に生産可能な数は、Litttle House,,とThe Last Frontier 各種を合算して5張程度です。

      ¥130,000価格
      仕様

      CAMP on PARADE  キャンプオンパレード
      TEL:03-5829-9375​

      E-MAIL:info@camponparade.com

      • Facebook Social Icon
      • Instagram Social Icon

      COPYRIGHT © CAMP on PARADE

      ALL RIGHTS RESERVED.