• Little House...

    東京のキャンプオンパレード工房にて全て手作りしています。

    ご納品まで2−3ヶ月いただきます。

    -------------------------------------------------------------------------

    「大草原の小さな家」の前半は、実はキャンプをするお話です。

    北部の深い森から、中西部の草原まで、キャンプをしていく。そして、小さな家を立てる。

    「大草原の小さな家」の英語の題名は、「Littel House on the Prairie」。同じシリーズの「大きな森の小さな家」は、「Littel House in the Big Woods」。

     

    キャンプって、自分達だけの小さな家を建てることでもあると思う。

    皆さん、それぞれの小さな家、Little Houseが出来ていけば。

    このテントのオーナーになられる方々が、それぞれの方のお話を作っていだければ。

     

    自分達だけの「小さな家」

     

    白樺の林の小さな家

    高原の小さな家

    ヴィンテージ火器を集めた小さな家,,,,,,,,,,,,,,,,,

     

     

    このテントの形式は、ウォールテントと言われるものになります。

    アメリカでは16世紀の文献から姿を見せ始めます。そして、18世紀には確立をします。

    ローマ時代の文献では、少しだけ壁があるウォールテントの元祖のようなものが見受けられます。

    アメリカを代表する、そしてコットンテントを代表する形式です。

    両側、そして前面、後ろ側が壁になっているので、ベルテントと同じく周囲が立っていて使いやすい。見た目よりも広い実行面積が確保できるテントです。

     

    キャンプオンパレードは、ウォールテントをより優雅に仕上げました。

    そして雨の多い日本により適合するように、庇(ひさし)をつけました。

    横に出ている庇があるから、泥はねも雨もより防げます。前に出ているひさしの下には、椅子とテーブルをおいたら、タープは小さくても、あるいは使わなくてもいいかもしれませんね。

     

    前面、後ろ側に窓がついているため、風も吹き抜けます。

    勿論、生地はコットン100%のベンタイルなので、夏は涼しく、冬は暖かい。

    薪ストーブの煙突ポートも付属しているので、冬は室内で薪ストーブを楽しめます。

    全ての季節に適合するテントです。

    入り口は前側だけになります。

     

    大きさは2種類有ります。

    通常サイズ:フロア部分が3m*3m、ひさしが1.5m ソロ、大人2名、もしくは大人2名+子供1−2名

    ビックサイズ:フロア部分が3m*4.5m、ひさしが1.5m 大人2名+子供3名以上

     

    これ以外のサイズをご希望の方は直接にお問い合わせ下さい。別途に見積もりをいたします。

     

    フロアが付属しています。フロアの取り外しはできません(雨への耐性アップのため)。

    電源ポートが標準で付属しています。

    屋根部分にLEDランタンなどをぶら下げることが出来るフックが付属しています。

     

    オーダー可能なのは、以下の項目です。

    1)屋根、壁などの色(及び色の組み合わせ):ベンタイルの生地見本からお選びください

    2)窓、入り口のメッシュの色:黒もしくはオフホワイト

    3)フロアの色:白、ベージュもしくはネイビー

    4)煙突ポートの径:任意にご指定ください

    5)窓の形:四角形もしくは三角形をお選びいただけます。

     

    色の組み合わせは、

    ①壁、前面、後ろ面のパネル

    ②屋根(色を組み合わせることも可能)

    のそれぞれをお選びいただけます。

    例えば、屋根をネイビー、壁・前面・後ろ面をベージュなどの組み合わせが可能です。

    勿論、全て白一色というのも可能です。

     

    ウッドのポールが付属します(ポール無しをお選びいただくことも可能です)。

    通常サイズの場合は、80cm*3の240cmのポールが3本(庇の一番前、入り口、後ろ側)

    ビックサイズの場合は、80cm*3の240cmのポールが4本(庇の一番前、入り口、フロア真ん中に1本、後ろ側)

    で幕本体を立てます。

    また、フロア部分の4隅に、幕をきっちりと建てることが出来るウッドのポールを付属させることも可能です。フロアの4隅のポールは、長さ90cmになります。

    ポールは全て外から見えます。長ささえ合えば、市販のタープポールをお使いいただくことも可能です。ただ屋根を支える240cmのポールは荷重がかかりますので、丈夫なポールをお選びください。

     

    必要なだけのガイロープ 、真鍮の自在は付属しています。ペグは付属していません。

     

    建て方は以下の通り。

    1)設営場所に、フロアを下にして置く

    2)4隅のポールを縦、ガイロープ で引っ張ってペグダウンする

    3)屋根部分を、タープを建てる要領で持ち上げ、ペグダウンする

    4)屋根の真ん中部分にポールを下から差し込んで屋根を完全に持ち上げる

    5)形を整える

     

    折角のオーダーテント です。

    色々とわがままをぶつけてください。

     

    月に生産可能な数は、Litttle House,,とThe Last Frontier 各種を合算して5張程度です。

      ¥200,000価格
      大きさ
      ポールの有無

      CAMP on PARADE  キャンプオンパレード
      TEL:03-5829-9375​

      E-MAIL:info@camponparade.com

      • Facebook Social Icon
      • Instagram Social Icon

      COPYRIGHT © CAMP on PARADE

      ALL RIGHTS RESERVED.