コンダクターズチェア
  • コンダクターズチェア

    現在、生産が追い付いておりません。
    一定数、出荷後の受注再開となります。
    ---------------------------------------------------------------
    キャンプで本当に座りやすい椅子って何だろう。 そういった思いから作り上げた椅子です。
    焚き火をじっと眺める。食事を楽しむ。 のんびりする時間なんだけど、意外と立ったり座ったりが多いのがキャンプの時間。
    立ったり、座ったりを楽に出来る座面角度と高さのバランスを探して辿り着いたのが、この椅子です。
     
    キャンプの中心となる座るという行為。すべての指揮をするもととなる場所です。
    コンダクター=指揮者の椅子と名付けました。 ロースタイルでも、お腹を圧迫せずに食事をやりやすい。足を投げ出すことも可能。 ハイスタイルでも、高すぎずのんびりも出来る。腰への負担も少ない。
     
    原型となりましたカーミットチェアはもう数十年も前に、アメリカでバイクツーリング用に生まれた名作のチェアです。 分解が出来、組み立ても比較的簡単な素晴らしい作りの椅子です。我々よりも体の大きな アメリカの人が、足を投げ出して座るのを前提としたローローチェアです。
    ただ、アジアの我々がキャンプで使うとなると、お尻が沈んでしまい、前かがみで座る形になっています。 大きな体格の方が、足を投げ出して座るのを前提としたそのカーミットチェアと当店のコンダクターズチェアの比較をした写真を確認いただくと、座面のお尻側が持ち上がっているのが見て取れるかと思います。その角度と高さの違いが、我々にとって使いやすい座り心地に繋がっています。
     
    キャンプだけではなく、ご自宅でもご愛用いただけます。 またカーミットチェアは、バイクツーリング用にとにかくコンパクトにすることを優先したからか、肘置きが非常に狭くなっています。 キャンプオンパレードでは、その肘置きをゆったりと腕を置けるように角度、幅を含め工夫をしました。
     
    また、美しい木の質感をよりいかすために、またシックな風合いをより醸し出しために、素材としてウォールナットを選びました。 日本に入ってくるウォールナットは、非常に質の良いものです。その質の良い無垢のウォールナットを、素直に楽しむために、ウレタン・ニスで表面を固めてしまうことをせずに(コストはその方が圧倒的に安いですが)、無垢素材そのものの美しさを楽しめる仕上げにしています。傷がついたら、ペーパーで磨いて、木材用のワックス(ミツロウでもよろしいかと)で磨いていただければ輝きが戻ります。
     
    実際の重量を支えているのは、実は木材ではなく、各種金属パーツ・ネジです。この金属パーツも、一つ一つ削り出した真鍮を使っています。最初の輝き、使ってくるうちにくすんで来る美しさを楽しんでください。ピカールなどで時々、磨いてあげてもよろしいかと思います。
     
    ネジも、黒色系のネジを選び、全体の引き締まったニュアンスを作り上げています。
     
    座面は、標準が、しっかりとした帆布の座面になります。より伸びやすいお尻側は帆布を二重にして耐久性を高めています。帆布を使うことで、雰囲気が増すだけではなく、焚き火の火の粉などに対する耐久性も高まりました。 色は、赤、マスタード、ブラウン、黒、きなり、カーキ、ベージュの7色からお選びいただけます。
     
    また、スペーサー(プラスティックのパーツ)は白、もしくは黒からお選びいただけます。
     
    黒の座面、濃い色のウォールナット、鈍い輝きの真鍮。そして繋ぐパーツは黒などは、引き締まってかっこいいですね。 あるいは、生成りの座面を引き立てるウォールナットと輝く真鍮。そして繋ぐパーツは真っ白のパーツなども美しいですね。
     
    ご希望の方は、ご注文の際に、備考欄にパーツの色のご希望をご記入ください。特にご希望がない場合は、キャンプオンパレードにて、ふさわしいと思われる色を見繕います。
     
    壊れたり、破損をした時は、ご遠慮なく連絡をください。交換パーツを常備しています。 お客様の特殊な利用などが原因以外の場合は、無償(送料別途)にて対応をいたします。
     
    勿論、全てが日本製(2020年1月以降)です。 八王子は高尾山の麓で木材を削り出し、横浜で真鍮を削り出し、キャンプオンパレード工房にて座面の製作と組み立てをしております。
     
    作品ともいえる家具を、是非、お楽しみください。
     
    ローチェアの座面高さは34センチ、ハイチェアは44センチとなります。
    ハイチェア は、ローチェアに対して+2000円になります。
    収納袋はついておりません。 分解して持ち運ぶ際には、ベルクロなどで巻いていただくと運びやすいかと思います。
     
    ご注文時に座面をお選びください。従来からの帆布分離型の座面に加え、帆布での一体型(お尻を包む感じです)の座面(+2000円)、革の分離型座面(+11000円)、革の一体型の座面(+14000円)もお選びいただけます。 また、カーミットチェア用の座面が適合をいたします。フレームのみでの販売(-3000円)もしております。
     
    2021年4月末納品分より、ワイド・ハイバック もお選びをいただけるようになりました。
    ワイドは、通常のものよりも横幅が5cm広がります。ただ、お尻が下がってしまうカーミットチェアに比べると、ワイドの必要性は低いです。普通の少し大柄の男性の方なら、ワイドは必要がございません。
    また、ハイバックは通常のものよりも、背面が10cm伸びます。その分だけ、しっかりともたれることが可能になります。
    ワイドは、+2500円、ハイバックは+2000円になります。ワイド・ハイバックを合わせてお選びいただくことも可能です
     
     
    耐荷重:150kg 重量:ローチェア 2700g、ハイチェア3000g
    サイズ:幅470mm、奥行き300mm、 高さ670mm(ローチェア)、770mm(ハイチェア)
    座面高さ:ローチェア34cm、ハイチェア 44cm
    分解時収納サイズ:横幅20cm、高さ15cm、長さ65cm(ローチェア)、長さ75cm(ハイチェア )
    • メンテナンスに関して

      フォールディングチェアに傷がついたときは、サンドペーパーなどで軽く擦り、ミツロウやクルミオイルで磨いていただくと目立たなくなります。

      輪じみなどができた場合は、お酢をたらして乾拭きをする、もしくは石鹸をスポンジにつけて擦ると薄くなります。

      普段から、ミツロウやクルミオイルで磨いていただくと、輝き・色合いが長持ちをいたします。

      真鍮をもう一度輝かせたい時には、ピカールなどで磨いていただくとよろしいかと思います。

    ¥34,000価格