次の冬へ向けて開発を進めるもの

今年はファイヤートランペット、ファイヤーオーケストラ、斧の焚刀、火輪のサイレントバーナー適合キットやメッシュホヤなどを開発しました。


次の冬へ向けて開発を進めようとしているものは、現時点では以下の通りです。


1)火輪関連2つ

 両方ともに火輪の関連というのかどうか。

 一つ目は灯油バーナー。今、マナスルが極端な品薄になっているみたいですね。

 以前から考えていたキャンプオンパレードの独自の灯油バーナーを進めます。

 火輪ともぴったりの組み合わせになる様に。

 二つ目は、CB缶・OD缶のカバー。単なる革のカバーとかではなく、断熱・保温になるものです。CB缶・OD缶の燃料が減ってきたらガスの噴出量が落ちて、火輪が十分に暖かくならないのも、緩和したい。


2)ファイヤーオーケストラ関連

 一つ目は、お湯を沸かして、夜中の蓄熱にもなるもの。さあ、お楽しみに。

 二つ目は、これもキャンプオンパレードならではの、エコファンみたいなもの。こちらはびっくりすると思いますよ。


3)ファイヤートランペット・焚刀

 この二つの収納ケースですね。


4)La Falo 関連

 La Falo の五徳も開発中です。

 ただ、毛色の違う焚き火台も優先順位は低いのですが、進めようとしています。


お楽しみに。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

越後川口の風景

キャンプオンパレード越後川口ベースキャンプが、本格的に始まってから何度も越後川口に行っています。 東京から、車で3時間。意外と近い。 年末の大雪の時は、大変でした。関越道が大雪で車が百台以上も立ち往生した時とかですね。高速道路に雪が大きく積もって、除雪車が必死になって雪かきを繰り返していました。びっくりしました。 越後川口は、どちらかというと有名じゃ無い場所。観光地でもありません。1994年の新潟

資本の暴力性

次回は、必ずキャンプネタを書きます。脇道にそれるのは、これで一旦、終わり。 物を作り、そのお話を紡いでいくのって、素晴らしいと、今は深く思っています。 アルケゴスの話に続いて。 私が以前に書いた文章の加筆修正。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 私は今までに3回の「バブルの崩壊」を、目の当たりにした。 最初はアジア経済危機、次がドットコムバブルの崩壊、そしてリーマンショックであ

アルケゴスの破綻で思い出しちゃった

キャンプと関係なしの昔話。 先日、アルケゴスというファンド(ファミリーオフィスとか言っているけど、ファンドですね)が、破綻をし、株式市場に激震が走りました。野村証券が大損失を出したりとか。 ゴールドマンとかが、信じられない規模のブロックトレードで株式市場を賑わしたのが先週。 週末ぐらいから、アルケゴスというファンドの破綻だとわかってきた。 1兆円という規模のエクィティに5倍のレバレッジ(株式で5倍