実店舗に関しまして

去年の夏にキャンプオンパレードではない事業とお別れすることになり、ビル一棟を借りるのも広すぎるということで、移転の計画を立てました。具体的な場所まで決めました。


そうしたら、実はキャンプオンパレードを買収したいという話が舞い込みました。

それで、色々な話を一旦、全てストップ。

だけど、意味がないなあ、と思い、その話は流しました。


年が明けて、ポップアップショップから常設店舗をする話になりました。

話を詰めている間に、コロナが始まってしまいました。


特に4月とかの銀座などは、本当に酷かった。悲しかった。あの賑やかな銀座があんなに誰もいない街になるなんて。

ただ、7月以降(実は年末から2月にかけても)、キャンプオンパレード自体は、お陰様で多くのご注文を頂いております。


実店舗が必要なんだろうか?


店舗の家賃と人件費を考えたら、明らかに店舗を持たない方が金銭的には良いです。「商売」としては、実店舗を持つ金銭的メリットは全くありません。

また、私個人もキャンプオンパレードを始めちゃってからは、週末がなくなり子供とキャンプに行く機会も極端に無くなっていたのが、行けるようになりました。


テントのオーダーをされたい方は、工房にまでいらっしゃってくださいます。そして色々と細部にわたる打ち合わせをさせていただいています。


何ができないんだろうか?ヴィンテージランタン を一つずつ見てもらうということは出来ません。見つけてきた一点物のヴィンテージ品を愛でてもらうことも出来ません。私は、凄くヨーロッパのヴィンテージ物が好きなので、それをお見せできないのは残念です。

また、店舗の雰囲気も拘って作っていたつもりでした。ただ、そういったヨーロッパのヴィンテージ物も、店舗の雰囲気も、そんなには皆様に受けていなかったのかもなあ、とも感じました。実際に、売り上げにしめるヴィンテージ物の比率(ランタン含め)は、どんどん下がって、去年の前半の半年間では10%ぐらいでした。


一番、最初にお店を作った時は、ちょっとした消耗品も置いて、とか考えました。頻繁に足を運んでくれればと思って、最初のキャンプオンパレードでは何とOD缶も売っていました。多分、東京で最安値だった。上に併設をしたイタリアンでのんびりしながら、商品を見てもらえればとも思いました。敷居が高すぎたのかなあ?


こういった事を考えると、今の工房とオンラインショップだけでいいのかもなあ、と非常に強く感じています。

迷いは、少しは残っているのですが、、、


Googleには、店舗の閉業の通知は出しました。キャンプオンパレード自体の閉業ではございませんので。近々にも追加で新商品のご紹介をいたします。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

ロシアのこれ以上無い最悪の選択であり、酷い状況が繰り広げられているウクライナ侵攻。 なぜ、このような悪が起こりうるのか、キリスト者(私はプロテスタントのクリスチャンであり、神学者の卵になりかけ)の観点から理解をしようとするのは、神義論とか弁神論と言われます。 今日は、ただ、何故、ウクライナがここまで抵抗するのか理解できない、という事を書きたい。 プーチンが、「ウクライナという国は無い。あれは

ロシアとウクラインの事に関しては、個人のフェイスブックでは、色々と書いてきた。 ただ、一つ、この件に関して、やはり書きたい事がある。 それは、神よ、プーチンを、ロシアの指導者を救いたまえ、という事である。 独裁者を描いた話としては、アンデルセンの「裸の王様」があまりにも有名だ。 「風の谷のナウシカ」で宮崎駿がヴ王を、素晴らしく描いていたりもする。 ここで、ある話を紹介したい。 もう今や、あまり知る

私の母は74歳です。 結構、普通といえば普通、数奇といえば数奇な人生を歩んできました。 そして、去年の11月に、74歳にして牧師になりました。 キリスト教のプロテスタントの牧師というのは、カトリックの神父よりは、なることが難しくないかもしれません。ただ、それでも、神学校に通い、論文を書いて認められ、正式に「按手礼」というイベントを経て、やっとなれるものです。 また、若くして牧師を目指し、30歳代で