top of page

世界で最も有名なテント(2)アレキサンダー大王

ギリシアを統一し、エジプトとペルシアを征服した英雄、アレキサンダー大王。

数々の逸話に彩られる人生でした。


アリストテレスに学び、20歳で即位をし、周辺の反乱を平げギリシアを完全に統一します。そして、当時の世界最大の帝国であり文明国であるペルシア帝国との戦いの口火が切られました。

緒戦を勝ち抜いたアレキサンダー大王は、「この結び目を解いたものがアジアの王になる」と言われたゴルディアスの結び目を、刀で一刀両断。

ペルシア王ダレイオス3世とのイッソスの戦いで勝ちます。そして、エジプトを開放し、ダレイオス3世との最終決戦、ガウガメラの戦いで勝利。

バビロンに入城し、ペルシアとの統合を果たします。




そして、次はインドへ向けて征服の旅を続けるのです。

ただ、ガンジス川まで来たところで、流石の厳しい遠征の連続についてこれない部下達の声を聞き、バビロンへ引き返すのです。

しかし、そのすぐ後に高熱にうなされ、32歳の生涯を閉じます。

ギリシア・エジプト・ペルシアの3つを統合した12年間の統治でした。


アレキサンダーの英語名は、イスカンダル。これが日本語になって韋駄天、ともなります。


さてさて、なぜ、テント?

アレキサンダー大王の人生の最初と最後(実質的な意味で)の舞台はテントです。

アレキサンダー大王が、生まれたのはテントの中です。

そして、ガンジス川まで来たところで、部下達に諌められたアレキサンダー大王はテントの中で3日間考え、苦しみ抜き、バビロンへの帰還を決断します。


テントの中で生まれたので、やっぱり軍旅の途中だったのでしょう。

この時代のテントは、野原で幕が並んでいる、というものではありません。

設営をすると、水路を堀、櫓を周囲にたて、道路の場所を決めて、将校用のテントは柱を切り出して幕をかけていたようです。

設営、というよりも、土木工事ですね。

何万人もの人が、集まって生活をするわけですから、一つの街が生まれる感じだったのでしょう。おそらく。アレキサンダー大王のテントは、幾つもの部屋に別れていたぐらいのものだったのではないでしょうか。


見てみたいなあ。


1件のコメント

最新記事

すべて表示

小さな冒険のお手伝い、というのがテーマです

キャンプオンパレードは、ギアブランドなのか? まあ、実際にやっていることはキャンプギアを開発をして、お作りをしてお届けをする、ということです。 それだけ見ると、ギアブランドですよね。 ただ、ご存じの方も多いかと思いますが、もともとはギアを開発しようと思って、キャンプオンパレードを始めたのではないのです。 当時、幾つかやっていた飲食店のお店を増やそう。 そうだ、アウトドアよりのイタリアンをしたら、面

ウクライナの抵抗

ロシアのこれ以上無い最悪の選択であり、酷い状況が繰り広げられているウクライナ侵攻。 なぜ、このような悪が起こりうるのか、キリスト者(私はプロテスタントのクリスチャンであり、神学者の卵になりかけ)の観点から理解をしようとするのは、神義論とか弁神論と言われます。 今日は、ただ、何故、ウクライナがここまで抵抗するのか理解できない、という事を書きたい。 プーチンが、「ウクライナという国は無い。あれは

プーチンのために祈ります

ロシアとウクラインの事に関しては、個人のフェイスブックでは、色々と書いてきた。 ただ、一つ、この件に関して、やはり書きたい事がある。 それは、神よ、プーチンを、ロシアの指導者を救いたまえ、という事である。 独裁者を描いた話としては、アンデルセンの「裸の王様」があまりにも有名だ。 「風の谷のナウシカ」で宮崎駿がヴ王を、素晴らしく描いていたりもする。 ここで、ある話を紹介したい。 もう今や、あまり知る

1 comentário


Rocky aur Rani ki Prem Kahani (#RRKPK) is a Bollywood restoration, addressing the genuine pith of the business. It incorporates every one of the components we partner with Bollywood - fabulous, boisterous, and beyond ridiculous, yet surprisingly engaging and with a spirit that interfaces with the crowd. The film hits home for watchers and leaves an enduring effect.

,RRKRPK reverberates with the crowd in an unconstrained way. It evoked such responses from the multiplex crowd that it seemed like they had enthusiastically anticipated its delivery. Without uncovering any spoilers,

Curtir
bottom of page