top of page

ミャンマー のこと、東大駒場寮のこと

ミャンマー のニュースを見て、聞いて、非常に辛くなっています。

(全くキャンプと関係ないです、長いです、読む必要性は低いです)


私が大学に入ったのは1991年でした。もう30年前か。

色々なことをして、物凄く忙しかった大学生活だったけど、最初の2年間の中で、時間を非常に使ったことの一つが駒場寮の廃寮反対運動でした。

東京大学の最初の2年間は、「教養学部」という形で、本郷ではなく駒場に通います。駒場寮は旧制一高の全寮制の名残を残す、駒場キャンパス内部にある寮です。三人一部屋で、月額一人1万円ぐらい(1万円以下だったか)かなあ。

ぼろい、汚い、自由。


大学の1年生の終わりぐらいから、「東京大学教養学部学友会学生理事会議長」とかいうのをやってました。もともとは、大学紛争の時に、自治会に対抗して作られた「御用組合」ですが、私の頃は、思想も変えて、ただ活動は低迷していました。私の前ぐらいまでには、体育会とかサークルへの予算を配分するだけになっていたのかな。ただ、日本共産党が、代々、東大教養学部の自治会を牛耳っていたのに対して、共産党系じゃない学生たちが何らか集っていたところでもありました。私の時に、相手方(敵方?)の東大教養学部自治会の議長をしていたのが、今、国会議員をしていて、鋭い質問とかで光っている宮本徹さん。今は凄い、ただ当時はボォーとしていた記憶が、、、


駒場寮は、当時、住んでいるだけではなくて、サークルで結構、使っていました。その流れで駒場寮廃寮反対運動の中核に学友会が出て行ったんだと記憶しています