top of page

スノーピーク社 に対して思う疑問

商品開発とか、道具のことは、書くべきでもないし、あまり書くこともない。商品の事は尊敬をしています。


そうではなくて、上場企業としての成長戦略というものに対しての疑問。

財務戦略と事業ポートフォリオの話なので、ややこしいです。


スノーピーク 社は、東証一部上場企業です。

そして、昨今のキャンプブームを受けて、株価が急騰中。特に今年に入ってから。

2019年12月までの決算に対して、2020年12月までの決算での営業利益が倍になったことも反映しているのかと思います。2月前半に発表した数字での純利益が会社予想を上回っていましたからね。あと、同じ時に発表した数字で、2023年で営業利益が倍になるという計画を発表したこともあるでしょう。

ワークマンがアウトドアブームで業績を伸ばしていることからの連想も働いているのでしょう。


ただ、前から思っているのですが、幾らスノーピーク 社の決算説明資料を読んでも、出てくるのは、「スノーピーク 」というブランドをどう育てるか、だけ。


今の時価総額は600億円です。PERで60倍以上、PBRで6倍、PEGレシオでも30倍。

どう見ても割高株です。株価がこの数ヶ月で上がる前の時価総額300−400億円ぐらいでも、数字上は割高でした。

上場企業の取締役会、代表取締役、CFOにとって、株価は「市場が勝手に決めるもの」ではなく、それを能動的に織り込んで動くべきものです。株式市場で人気が出て、株価が上がるならば、それをどう考えるか、という事のメッセージがないといけないです。