贅沢、ということ

昔、ルイ・ヴィトン・ジャパンが立ち上げようとしていた新規事業のコンサルティングをしていました。

ルイヴィトンの中で、圧倒的に強い地盤を築いていた日本が主導するプロジェクトでした。


その名前を考えてた時に、it is luxuryをフランス語で言ったら、C'est luxeだよね、という話になり、生まれたのが、Celuxという名称でした。このLuxeというのは、その後、ネーミングで少し流行ったぽいです。

懐かしいなあ、もう20年近く前の話ですね。今は亡きCelux,,,,,その時に、日本人の間では、これっていい名前だよね、と盛り上がりました。

ただ、そこにいたフランス人が、「でもちょっと安っぽい」と言ったんです。


???「贅沢」が安っぽい???


そうお金を使って買える「贅沢」は安っぽいんです。

キャンプをしているならわかる事。単に外に出て、食事をするだけで、座ってボォーとしているだけで、薄い幕一枚の中で寝るだけで、あんなに楽しい。あんなに豊かな気持ちになる。


このゆっくりと流れる時間、自然の中にいるという事の「贅沢」。

贅を尽くした一泊5万円以上の箱根や伊豆の旅館では得られない喜び。

香港のマンダリンオリエンタルホテルで、一泊80万円ぐらいの部屋に泊まっていた時もありました。でも、あの「贅沢」よりも、自分で選んだ色で作ったLitttle House,,,の庇の下で、コンダクターズチェアに座って、山を見ている方が、遥かに贅沢だと思う。

キャンプを始めたからわかった、この「贅沢」


職人さんが、時間をかけてコツコツ手作りしたもの

自分だけのために作ってくれるオーダーの幕

静かな雪の中の焚き火


キャンパーが、皆、気がついた、この自然の中で好きなギアと一緒にいる贅沢を、キャンプオンパレードは信じています。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

越後川口の風景

キャンプオンパレード越後川口ベースキャンプが、本格的に始まってから何度も越後川口に行っています。 東京から、車で3時間。意外と近い。 年末の大雪の時は、大変でした。関越道が大雪で車が百台以上も立ち往生した時とかですね。高速道路に雪が大きく積もって、除雪車が必死になって雪かきを繰り返していました。びっくりしました。 越後川口は、どちらかというと有名じゃ無い場所。観光地でもありません。1994年の新潟

資本の暴力性

次回は、必ずキャンプネタを書きます。脇道にそれるのは、これで一旦、終わり。 物を作り、そのお話を紡いでいくのって、素晴らしいと、今は深く思っています。 アルケゴスの話に続いて。 私が以前に書いた文章の加筆修正。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 私は今までに3回の「バブルの崩壊」を、目の当たりにした。 最初はアジア経済危機、次がドットコムバブルの崩壊、そしてリーマンショックであ

アルケゴスの破綻で思い出しちゃった

キャンプと関係なしの昔話。 先日、アルケゴスというファンド(ファミリーオフィスとか言っているけど、ファンドですね)が、破綻をし、株式市場に激震が走りました。野村証券が大損失を出したりとか。 ゴールドマンとかが、信じられない規模のブロックトレードで株式市場を賑わしたのが先週。 週末ぐらいから、アルケゴスというファンドの破綻だとわかってきた。 1兆円という規模のエクィティに5倍のレバレッジ(株式で5倍