top of page

私の母の話

私の母は74歳です。

結構、普通といえば普通、数奇といえば数奇な人生を歩んできました。

そして、去年の11月に、74歳にして牧師になりました。


キリスト教のプロテスタントの牧師というのは、カトリックの神父よりは、なることが難しくないかもしれません。ただ、それでも、神学校に通い、論文を書いて認められ、正式に「按手礼」というイベントを経て、やっとなれるものです。

また、若くして牧師を目指し、30歳代で牧師になるとかというのは非常に自然な形ですが、74歳という年齢で、牧師になるというのは、非常に非常に珍しいです。


数年前に、母親は、ソウルの神学校まで毎月、通っていました。それを聞いて、思わず「えっ、ママ、何やってるの?」と私が言ってしまったほどです。びっくりしました。


そして、今は、教会で礼拝を行ったりもしています。

クリスチャン的な言葉としては、「本当に神のなさることは、驚きばかりである」とでも言うべきでしょうか。今の母は、本当に若々しく、エネルギーに満ちた毎日を送っているようです。

----------------

母は、韓国で生まれました。

私の母方の祖父は、昔は非常な有名人でした。ソウル帝国大学(ということは日本の占領下)に入学し、解放後、すぐにソウル大学の大学院で博士号をとりました。文学博士です。

まだまだ当時の韓国では、文学をやる人の社会的地位が高かった時代です。

そして、ソウル大学の大学院の総長を若くして務めたりもしていました。

ただ、祖父は、李承晩政権(軍事独裁)の時に、李承晩の誕生日に、請われるがままに詩を書いたりしちゃったんですね。その後に大学紛争などが起き、李承晩政権も倒れた後に、祖父は大学を辞めざるをえなくなりました。

そんな祖父を、大阪外国語大学(司馬遼太郎が教授をしていた頃!)が教授として招いてくださり、祖父は大阪にきました。その時、中学生だった母も、一緒に大阪にきました。