揺るぎないテントの形とは

世界中にテントを作っている人たちがいます。

日本にいると、いわゆる「テントブランド」しか目につかないかもしれません。

ただ、個人で、テントを一つずつ手作りで作っている人もいます。


その中で、私が本当に尊敬する人が一人、アメリカにいます。

その人のWEBを見ていて、見つけた文章。

「このテントの形状は、まだせいぜい200年ぐらいしか経っていないので、完成されたとは言えないが、、、」という。


そうそう、それそれ。

昔、サントリーのコマーシャルで「時は流れない、それは積み重なる」というのがあったなあ。

一定以上の時間の試練に耐えるって重要なんだと、今は気づいています。若い頃は違ってた。


テントの形もそう。というか、テントこそ。

人間が狩猟生活をしていた、本当に本当に昔の時代から使っていたものだから。

岩窟の中に住んでいた人が、外に出て、旅をするようになった時から使っていたもの。


ペルシアやローマが、大きな軍団で遠征をするようになって、急速に発展をしたもの。


そういった「クラシック」な形が本当に愛おしいのです。


この絵は、ナルニア国物語の「カスピアン王子の角笛」の挿絵の1ページ。

後ろに写っているテントが気になるーーー。

実は、これがRound Pavillionという形式。これが四角形だったら「Marquee」と呼ばれる。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

越後川口の風景

キャンプオンパレード越後川口ベースキャンプが、本格的に始まってから何度も越後川口に行っています。 東京から、車で3時間。意外と近い。 年末の大雪の時は、大変でした。関越道が大雪で車が百台以上も立ち往生した時とかですね。高速道路に雪が大きく積もって、除雪車が必死になって雪かきを繰り返していました。びっくりしました。 越後川口は、どちらかというと有名じゃ無い場所。観光地でもありません。1994年の新潟

資本の暴力性

次回は、必ずキャンプネタを書きます。脇道にそれるのは、これで一旦、終わり。 物を作り、そのお話を紡いでいくのって、素晴らしいと、今は深く思っています。 アルケゴスの話に続いて。 私が以前に書いた文章の加筆修正。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 私は今までに3回の「バブルの崩壊」を、目の当たりにした。 最初はアジア経済危機、次がドットコムバブルの崩壊、そしてリーマンショックであ

アルケゴスの破綻で思い出しちゃった

キャンプと関係なしの昔話。 先日、アルケゴスというファンド(ファミリーオフィスとか言っているけど、ファンドですね)が、破綻をし、株式市場に激震が走りました。野村証券が大損失を出したりとか。 ゴールドマンとかが、信じられない規模のブロックトレードで株式市場を賑わしたのが先週。 週末ぐらいから、アルケゴスというファンドの破綻だとわかってきた。 1兆円という規模のエクィティに5倍のレバレッジ(株式で5倍