揺るぎないテントの形とは

世界中にテントを作っている人たちがいます。

日本にいると、いわゆる「テントブランド」しか目につかないかもしれません。

ただ、個人で、テントを一つずつ手作りで作っている人もいます。


その中で、私が本当に尊敬する人が一人、アメリカにいます。

その人のWEBを見ていて、見つけた文章。

「このテントの形状は、まだせいぜい200年ぐらいしか経っていないので、完成されたとは言えないが、、、」という。


そうそう、それそれ。

昔、サントリーのコマーシャルで「時は流れない、それは積み重なる」というのがあったなあ。

一定以上の時間の試練に耐えるって重要なんだと、今は気づいています。若い頃は違ってた。


テントの形もそう。というか、テントこそ。

人間が狩猟生活をしていた、本当に本当に昔の時代から使っていたものだから。

岩窟の中に住んでいた人が、外に出て、旅をするようになった時から使っていたもの。


ペルシアやローマが、大きな軍団で遠征をするようになって、急速に発展をしたもの。


そういった「クラシック」な形が本当に愛おしいのです。


この絵は、ナルニア国物語の「カスピアン王子の角笛」の挿絵の1ページ。

後ろに写っているテントが気になるーーー。

実は、これがRound Pavillionという形式。これが四角形だったら「Marquee」と呼ばれる。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

ロシアのこれ以上無い最悪の選択であり、酷い状況が繰り広げられているウクライナ侵攻。 なぜ、このような悪が起こりうるのか、キリスト者(私はプロテスタントのクリスチャンであり、神学者の卵になりかけ)の観点から理解をしようとするのは、神義論とか弁神論と言われます。 今日は、ただ、何故、ウクライナがここまで抵抗するのか理解できない、という事を書きたい。 プーチンが、「ウクライナという国は無い。あれは

ロシアとウクラインの事に関しては、個人のフェイスブックでは、色々と書いてきた。 ただ、一つ、この件に関して、やはり書きたい事がある。 それは、神よ、プーチンを、ロシアの指導者を救いたまえ、という事である。 独裁者を描いた話としては、アンデルセンの「裸の王様」があまりにも有名だ。 「風の谷のナウシカ」で宮崎駿がヴ王を、素晴らしく描いていたりもする。 ここで、ある話を紹介したい。 もう今や、あまり知る

私の母は74歳です。 結構、普通といえば普通、数奇といえば数奇な人生を歩んできました。 そして、去年の11月に、74歳にして牧師になりました。 キリスト教のプロテスタントの牧師というのは、カトリックの神父よりは、なることが難しくないかもしれません。ただ、それでも、神学校に通い、論文を書いて認められ、正式に「按手礼」というイベントを経て、やっとなれるものです。 また、若くして牧師を目指し、30歳代で