幾つかのどうでもいいこと

マニアックな個人の狭い領域の好きなもののお話。


お芝居

この間、静岡で芝居をみました。雨が降る中で、食いつく様に見ました。

宮城聡さんのお芝居。SPAC静岡県舞台芸術センターの駿府城野外劇場。

「アンティゴネ」

アビニヨンの演劇祭とアメリカで絶賛されての凱旋公演を去年、やるはずだった。コロナで出来なくて、でも今年は実行。

宮城さんのお芝居を生で見たのは、本当にどれぐらいぶりだろう?Youtube とかでも、もう舐めるように見ていたけど。私が駒場時代に芝居を始めた時に、「ミヤギサトシショー」の話を何度も聞いて。憧れの憧れの憧れの大先輩。

本当に凄かった。行って良かった。

感動し、圧倒し、祝祭、ということを深く感じた。鎮魂の盆踊り。 小学4年生の子供も引き込まれていた。

美加里さん、今も圧倒的で、美しくて、びっくりもした。


アニメ

ひかりTVで、検索してたら出てきたので見ちゃった。

ガンダムThe OriginのOVA。No.1-6かな。シャアとセイラに焦点を当てたシリーズ。

本では読んだことがあったけど、OVAで出ていたのを知らなかった。面白かった。

これまた、小学4年生の子供と一緒に見た。シャアとガルマの関係の描き方が本当に上手で惹き込まれる。士官学校の特訓の中で、シャアが足を滑らせたガルマに毛布をかけるシーンがあるけど、あー、この毛布を二人でつなげたらPUPテントだな、と思った。

これで、ガンダム仲間に、子供もひき込んだぞ。

シャア、ララァに、「仕事が終わったらすぐ帰る」と連邦の戦艦を沈めながら語るところが大好き。


漫画

本屋で、萩尾望都の「一度きりの大泉の話」を読んだ。竹宮恵子の「その名はジルベール」も読んでたので、そうなんだ、と思いながら読んだ。

私は、少しだけ後追いで、萩尾望都も竹宮恵子もどっぷりとハマって読んでいた。特にSFのお話達。このお二方をご存知の方、どれだけいるかなあ?少女漫画の大家のお二人。

ただ、このお二人が創作活動の最初期に一緒にいて、2年を過ごしてお互いに傷付きあって別れた大泉の話は、「秀才と天才」「天才に嫉妬する秀才と、嫉妬すら理解しない傷つきやすい天才」みたいなお話。世の中、天才なんてほとんどいなくて、秀才はいっぱいいますね。私は竹宮恵子の方が親近感を持ちました。

で、もう一度、「11人いる!」とか「私を月まで連れてって!」とか引っ張り出して読み直しました。



結論とか、メッセージとかがあるお話ではなくて、好きなものは、いつ見直しても好きだなあ、というだけのお話でした。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

キャンプオンパレードは、ギアブランドなのか? まあ、実際にやっていることはキャンプギアを開発をして、お作りをしてお届けをする、ということです。 それだけ見ると、ギアブランドですよね。 ただ、ご存じの方も多いかと思いますが、もともとはギアを開発しようと思って、キャンプオンパレードを始めたのではないのです。 当時、幾つかやっていた飲食店のお店を増やそう。 そうだ、アウトドアよりのイタリアンをしたら、面

ロシアのこれ以上無い最悪の選択であり、酷い状況が繰り広げられているウクライナ侵攻。 なぜ、このような悪が起こりうるのか、キリスト者(私はプロテスタントのクリスチャンであり、神学者の卵になりかけ)の観点から理解をしようとするのは、神義論とか弁神論と言われます。 今日は、ただ、何故、ウクライナがここまで抵抗するのか理解できない、という事を書きたい。 プーチンが、「ウクライナという国は無い。あれは

ロシアとウクラインの事に関しては、個人のフェイスブックでは、色々と書いてきた。 ただ、一つ、この件に関して、やはり書きたい事がある。 それは、神よ、プーチンを、ロシアの指導者を救いたまえ、という事である。 独裁者を描いた話としては、アンデルセンの「裸の王様」があまりにも有名だ。 「風の谷のナウシカ」で宮崎駿がヴ王を、素晴らしく描いていたりもする。 ここで、ある話を紹介したい。 もう今や、あまり知る