今後の実店舗に関して

方針を決めました。


現在のキャンプオンパレードは、火輪・コンダクターズチェアを中心に、ご納品までの時間がかかっている状況です。足元の作れる量を、ご注文をいただく量が上回っている状況です。


本当にありがたい、皆様に感謝をする状況です。

有り難うございます。


特にチェアは、実際に座って、確認してみたい、というご要望を毎日、複数、頂いております。テントも見てみたい、というご要望を、頻繁に頂いております。

キャンプをやる人が増えているからなのか、キャンプオンパレードの売上も、大きく伸びております。ここで、店舗を再出店すれば、更に売上増を見込める!


いえいえ、それは取るべきじゃない道だと考えています。

今のキャンプオンパレードがしなければいけない事は、ちゃんと現実的な期間で納品を行う事。その納品までの期間を縮めること、オーダー品であっても。それも安定して、物を作りながらお納めする事、だと考えています。まだ、テントをお待たせをしている方もいます。申し訳ありません。

キャンプ用品は、納期が伸びても、皆さん待ってくれるからね、とも言われました。

ただ、それはおかしい事です。

キャンプオンパレードはガレージブランド(???)だから、品質も少しはぶれても大丈夫だよね、とも言われました。それもおかしい事です。


深く反省をしています。

申し訳ありません。


この1年ちょっとをかけ、工房の力を強化してきました。直近2021年3月の工房は、2年前の4倍、1年前の3倍の力を持つようになりました。素晴らしい縫製のスタッフに恵まれました。こんなに違うものか、とスタッフの能力と意欲に敬服をしています。

また、5つの協力をしてくださる工場に出会いました。金属、木工、ガラスそれぞれ。この方々がいたからこそ、出来たことが幾つもあります。

この物作りの力を上げていく、というのが足元のキャンプオンパレードが集中をしてやらなければいけない事だと考えます。

そして、早い納品、安定した品質を、確実にお約束できるようにならなければいけないと考えています。


私自身も、この1年半、コロナの影響もあり、工房で物作りをし、商品企画をし、試作をしていました。そして、その事に手応えも感じました。

また、instagramの進化の恩恵も受けていますし、WIX(をキャンプオンパレードは使っています)の大幅なスピードアップと機能拡充を活用できるという目処も立ち始めています。店舗無しの方が、実は色々なエリアの方々と、よりオーダーに答えるやりとりが出来るのかもしれない、とも感じ始めています。その「DX」を突き詰めてもいいのかもしれません。


結論:

実店舗は、暫くは出しません。

物作りの力を上げていくことに集中をさせてください。

ネットを通じたダイレクトに繋がる仕組みは、どんどん強化します。


我がままな結論だとは思います。

ただ、流行に左右されない物作りをしようと思っています。

応援をしていただければと思います。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

ロシアのこれ以上無い最悪の選択であり、酷い状況が繰り広げられているウクライナ侵攻。 なぜ、このような悪が起こりうるのか、キリスト者(私はプロテスタントのクリスチャンであり、神学者の卵になりかけ)の観点から理解をしようとするのは、神義論とか弁神論と言われます。 今日は、ただ、何故、ウクライナがここまで抵抗するのか理解できない、という事を書きたい。 プーチンが、「ウクライナという国は無い。あれは

ロシアとウクラインの事に関しては、個人のフェイスブックでは、色々と書いてきた。 ただ、一つ、この件に関して、やはり書きたい事がある。 それは、神よ、プーチンを、ロシアの指導者を救いたまえ、という事である。 独裁者を描いた話としては、アンデルセンの「裸の王様」があまりにも有名だ。 「風の谷のナウシカ」で宮崎駿がヴ王を、素晴らしく描いていたりもする。 ここで、ある話を紹介したい。 もう今や、あまり知る

私の母は74歳です。 結構、普通といえば普通、数奇といえば数奇な人生を歩んできました。 そして、去年の11月に、74歳にして牧師になりました。 キリスト教のプロテスタントの牧師というのは、カトリックの神父よりは、なることが難しくないかもしれません。ただ、それでも、神学校に通い、論文を書いて認められ、正式に「按手礼」というイベントを経て、やっとなれるものです。 また、若くして牧師を目指し、30歳代で