今後の実店舗に関して

方針を決めました。


現在のキャンプオンパレードは、火輪・コンダクターズチェアを中心に、ご納品までの時間がかかっている状況です。足元の作れる量を、ご注文をいただく量が上回っている状況です。


本当にありがたい、皆様に感謝をする状況です。

有り難うございます。


特にチェアは、実際に座って、確認してみたい、というご要望を毎日、複数、頂いております。テントも見てみたい、というご要望を、頻繁に頂いております。

キャンプをやる人が増えているからなのか、キャンプオンパレードの売上も、大きく伸びております。ここで、店舗を再出店すれば、更に売上増を見込める!


いえいえ、それは取るべきじゃない道だと考えています。

今のキャンプオンパレードがしなければいけない事は、ちゃんと現実的な期間で納品を行う事。その納品までの期間を縮めること、オーダー品であっても。それも安定して、物を作りながらお納めする事、だと考えています。まだ、テントをお待たせをしている方もいます。申し訳ありません。

キャンプ用品は、納期が伸びても、皆さん待ってくれるからね、とも言われました。

ただ、それはおかしい事です。

キャンプオンパレードはガレージブランド(???)だから、品質も少しはぶれても大丈夫だよね、とも言われました。それもおかしい事です。


深く反省をしています。

申し訳ありません。


この1年ちょっとをかけ、工房の力を強化してきました。直近2021年3月の工房は、2年前の4倍、1年前の3倍の力を持つようになりました。素晴らしい縫製のスタッフに恵まれました。こんなに違うものか、とスタッフの能力と意欲に敬服をしています。

また、5つの協力をしてくださる工場に出会いました。金属、木工、ガラスそれぞれ。この方々がいたからこそ、出来たことが幾つもあります。

この物作りの力を上げていく、というのが足元のキャンプオンパレードが集中をしてやらなければいけない事だと考えます。

そして、早い納品、安定した品質を、確実にお約束できるようにならなければいけないと考えています。


私自身も、この1年半、コロナの影響もあり、工房で物作りをし、商品企画をし、試作をしていました。そして、その事に手応えも感じました。

また、instagramの進化の恩恵も受けていますし、WIX(をキャンプオンパレードは使っています)の大幅なスピードアップと機能拡充を活用できるという目処も立ち始めています。店舗無しの方が、実は色々なエリアの方々と、よりオーダーに答えるやりとりが出来るのかもしれない、とも感じ始めています。その「DX」を突き詰めてもいいのかもしれません。


結論:

実店舗は、暫くは出しません。

物作りの力を上げていくことに集中をさせてください。

ネットを通じたダイレクトに繋がる仕組みは、どんどん強化します。


我がままな結論だとは思います。

ただ、流行に左右されない物作りをしようと思っています。

応援をしていただければと思います。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

越後川口の風景

キャンプオンパレード越後川口ベースキャンプが、本格的に始まってから何度も越後川口に行っています。 東京から、車で3時間。意外と近い。 年末の大雪の時は、大変でした。関越道が大雪で車が百台以上も立ち往生した時とかですね。高速道路に雪が大きく積もって、除雪車が必死になって雪かきを繰り返していました。びっくりしました。 越後川口は、どちらかというと有名じゃ無い場所。観光地でもありません。1994年の新潟

資本の暴力性

次回は、必ずキャンプネタを書きます。脇道にそれるのは、これで一旦、終わり。 物を作り、そのお話を紡いでいくのって、素晴らしいと、今は深く思っています。 アルケゴスの話に続いて。 私が以前に書いた文章の加筆修正。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 私は今までに3回の「バブルの崩壊」を、目の当たりにした。 最初はアジア経済危機、次がドットコムバブルの崩壊、そしてリーマンショックであ

アルケゴスの破綻で思い出しちゃった

キャンプと関係なしの昔話。 先日、アルケゴスというファンド(ファミリーオフィスとか言っているけど、ファンドですね)が、破綻をし、株式市場に激震が走りました。野村証券が大損失を出したりとか。 ゴールドマンとかが、信じられない規模のブロックトレードで株式市場を賑わしたのが先週。 週末ぐらいから、アルケゴスというファンドの破綻だとわかってきた。 1兆円という規模のエクィティに5倍のレバレッジ(株式で5倍