ユートピア論の思い出

東京大学の最初の2年間は、専門の学部ではなく、「教養学部」というところに、理系・文系を問わず所属をします。

それで、一般教養とやらを学ぶ。流石に、理系と文系で共通の講義はあまりなく、文系は文系らしい、理系は理系らしい講義でした。


私は、文化二類でした。文化二類は、経済学部への進学を前提としています。クラスは文科一類(法学部進学を前提)と文化二類が一緒のクラス。だから、教養学部でとれる講座は、法学や経済学につながるものが多かった記憶があります。

ただ、文学系の講座もある程度、とれました。


私が、とった中で、鮮烈に印象に残っているのが「ユートピア論」という講座です。芳賀徹という教授の講座でした。芳賀先生は、比較文化の大家で、私が大学1年生で授業を受けた時は、東大を退官する(定年)前の最後の年でした。東大退官後は、京都造形芸術大学の学長とかを歴任されています。この先生は、結構、ダンディな先生だった印象があります。

大学一年の時は、割と早くから授業はあまり出なくなり、テニスサークルと合コンと、神宮球場での阪神タイガースの応援ばかりしていたのですが、この芳賀先生のユートピア論は、しっかりと聴いていたなあ。教官室まで押しかけて、お話をお聞きしたことも何度かありました。


さて、ユートピア。

ユートピアって、「どこにも無い場所」って意味なんです。

トーマス・モアという人の「ユートピア」という小説から始まると言われています。

代表的なユーロピア小説としては、「ガリバー旅行記」とか、「太陽の都」とか。

流石に、授業では、マルキ・ド・サドの「ソドム120日」は読まなかったような気がするけど。


ただ、こういったユートピアって、日本の我々が考える理想郷では無いんです。

閉ざされた空間において、管理され、人工的で規則的な世界を、描き出す。合理的で、冷たい社会です。絶対に住みたく無い。

「ガリバー旅行記」は、小人の国、巨人の国、ラピュタ、馬の国という4つの章から成り立っています。その中で、ラピュタが最も「ユートピア」的だと言われています。宮崎駿のラピュタと、ガリバー旅行記のラピュタは全く雰囲気が異なるんですよ。

ラピュタは、圧倒的な力を持つ「首都」。全市民は、みんな科学者で賢い。だけど、常に計算とかのことばかり考えているから、上の空で、誰かに助けてもらわないと実生活のことは何もできない。


理想郷=合理的で規則正しくて、無知から開放されている平等社会

という設定だったのですね。


そして、このユートピア論の講義の山場は、実はこういったヨーロッパのユートピアを概観するところではなく、西欧のユートピアと、アジアの桃源郷を対比したところにありました。


西欧のユートピアは、合理と科学。

アジアの桃源郷は、詩、読書と釣り。


狩りじゃなくて、釣り、というのが桃源郷なんだ、と何度も芳賀先生は言っていました。

能動的なものではなく、受け身でいいんだと、伝えられました。


桃源郷は、陶淵明の詩に始まる概念です。

西欧のユートピアは、悲惨な管理社会をもたらし、理想では無くなった。

人間の努力で築き上げる、頭で考えた社会を描き出し、その小説が現実のものとなり、極度に統制のとれたルールだけで動く社会の悲惨さは20世紀の幾つもの事例に落ちてしまった。

桃源郷は、思うからいけるところでは無い。再訪はできない。それは一人一人の心の中にある、と陶淵明は詠む。



世界中を旅してきたけど、日本の白樺の林の中でキャンプをし、妻と一緒に焚き火を眺めること以上の幸せは無かったからなあ。



1件のコメント

最新記事

すべて表示

キャンプオンパレードは、ギアブランドなのか? まあ、実際にやっていることはキャンプギアを開発をして、お作りをしてお届けをする、ということです。 それだけ見ると、ギアブランドですよね。 ただ、ご存じの方も多いかと思いますが、もともとはギアを開発しようと思って、キャンプオンパレードを始めたのではないのです。 当時、幾つかやっていた飲食店のお店を増やそう。 そうだ、アウトドアよりのイタリアンをしたら、面

ロシアのこれ以上無い最悪の選択であり、酷い状況が繰り広げられているウクライナ侵攻。 なぜ、このような悪が起こりうるのか、キリスト者(私はプロテスタントのクリスチャンであり、神学者の卵になりかけ)の観点から理解をしようとするのは、神義論とか弁神論と言われます。 今日は、ただ、何故、ウクライナがここまで抵抗するのか理解できない、という事を書きたい。 プーチンが、「ウクライナという国は無い。あれは

ロシアとウクラインの事に関しては、個人のフェイスブックでは、色々と書いてきた。 ただ、一つ、この件に関して、やはり書きたい事がある。 それは、神よ、プーチンを、ロシアの指導者を救いたまえ、という事である。 独裁者を描いた話としては、アンデルセンの「裸の王様」があまりにも有名だ。 「風の谷のナウシカ」で宮崎駿がヴ王を、素晴らしく描いていたりもする。 ここで、ある話を紹介したい。 もう今や、あまり知る