ファイヤーオーケストラの開発にあたっての留意点

キャンプオンパレードの1年目に販売した薪ストーブが2種類あります。


新保製作所さんのロマンチカルストーブ、ヨーロッパのOrlad stove。

その二つの経験が、ファイヤーオーケストラの開発のもとになりました。


薪ストーブってなんだろう?勿論、暖房なんです。ただ、ロマンチカルやOrlandを使うと、それ以上に「火を見る」というのが目的なんだと強く感じます。


ただ、ロマンチカルを使って、二つ感じました。空気の流れを制御しないと、あっという間にガラスが黒くなってしまう。燃えている時でもガラスに手が届かないと、ガラスを綺麗にできないので、黒いままで火が見えない。

Orlandは、持ち運びが出来る薪ストーブの中では文句なしに素晴らしいのですが、如何せん内寸が小さい。日本の薪がそのまま入らない。薪を斜めに入れると、ガラスに薪があたり、その箇所が黒くなっていく。


ファイヤーオーケストラを考えた時は、とにかく、このロマンチカルとOrlandの欠点をなんとかしたい、というのがほぼ全てでした。

空気の制御、ガラスが汚れても燃焼中に綺麗に出来るように、日本のキャンプ場の薪がそのまま入るように。


その結論が、45度斜めにして、ガルウィング形状の扉にガラスをはめる、というものでした。


本体の厚み、煙突、内部での調理など、色々と工夫をしたことはあります。

ただ、やっぱりスタートであり開発思想の中心だったのは、空気の制御・ガラスの清掃・日本のキャンプ場の40-50cmの薪、です。


綺麗な綺麗な炎を見る、そのための薪ストーブ。


本当に満足のいく薪ストーブになりました。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

越後川口の風景

キャンプオンパレード越後川口ベースキャンプが、本格的に始まってから何度も越後川口に行っています。 東京から、車で3時間。意外と近い。 年末の大雪の時は、大変でした。関越道が大雪で車が百台以上も立ち往生した時とかですね。高速道路に雪が大きく積もって、除雪車が必死になって雪かきを繰り返していました。びっくりしました。 越後川口は、どちらかというと有名じゃ無い場所。観光地でもありません。1994年の新潟

資本の暴力性

次回は、必ずキャンプネタを書きます。脇道にそれるのは、これで一旦、終わり。 物を作り、そのお話を紡いでいくのって、素晴らしいと、今は深く思っています。 アルケゴスの話に続いて。 私が以前に書いた文章の加筆修正。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 私は今までに3回の「バブルの崩壊」を、目の当たりにした。 最初はアジア経済危機、次がドットコムバブルの崩壊、そしてリーマンショックであ

アルケゴスの破綻で思い出しちゃった

キャンプと関係なしの昔話。 先日、アルケゴスというファンド(ファミリーオフィスとか言っているけど、ファンドですね)が、破綻をし、株式市場に激震が走りました。野村証券が大損失を出したりとか。 ゴールドマンとかが、信じられない規模のブロックトレードで株式市場を賑わしたのが先週。 週末ぐらいから、アルケゴスというファンドの破綻だとわかってきた。 1兆円という規模のエクィティに5倍のレバレッジ(株式で5倍