ファイヤーオーケストラの開発にあたっての留意点

キャンプオンパレードの1年目に販売した薪ストーブが2種類あります。


新保製作所さんのロマンチカルストーブ、ヨーロッパのOrlad stove。

その二つの経験が、ファイヤーオーケストラの開発のもとになりました。


薪ストーブってなんだろう?勿論、暖房なんです。ただ、ロマンチカルやOrlandを使うと、それ以上に「火を見る」というのが目的なんだと強く感じます。


ただ、ロマンチカルを使って、二つ感じました。空気の流れを制御しないと、あっという間にガラスが黒くなってしまう。燃えている時でもガラスに手が届かないと、ガラスを綺麗にできないので、黒いままで火が見えない。

Orlandは、持ち運びが出来る薪ストーブの中では文句なしに素晴らしいのですが、如何せん内寸が小さい。日本の薪がそのまま入らない。薪を斜めに入れると、ガラスに薪があたり、その箇所が黒くなっていく。


ファイヤーオーケストラを考えた時は、とにかく、このロマンチカルとOrlandの欠点をなんとかしたい、というのがほぼ全てでした。

空気の制御、ガラスが汚れても燃焼中に綺麗に出来るように、日本のキャンプ場の薪がそのまま入るように。


その結論が、45度斜めにして、ガルウィング形状の扉にガラスをはめる、というものでした。


本体の厚み、煙突、内部での調理など、色々と工夫をしたことはあります。

ただ、やっぱりスタートであり開発思想の中心だったのは、空気の制御・ガラスの清掃・日本のキャンプ場の40-50cmの薪、です。


綺麗な綺麗な炎を見る、そのための薪ストーブ。


本当に満足のいく薪ストーブになりました。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

カスケードデザインとかのM&A

最初は、キャンプと関係ないお話から。 難しそうな話ですみません。キャンプオンパレードが成長できたら、どうなるのかな? -------------------------- 私は、オーディオが大好きです。 社会人になって、まだ若輩の時に、物凄いボーナスをもらったことがあります。 それで買ったのが Bowers &Wilkins(B&W)のSilver Signatuer25 というスピーカー。 銀の

パリでプレゼンをして

昔、コンサルティング会社にいた。 すっごくレベルの高いところ。 そこの本当に中核に幹部がインキュベーション会社を立ち上げたときに、創業メンバー、株主、役員として参加した。 その会社は、ベンチャー企業のインキュベーションだけではなく、大企業向けのコンサルティングもやってた。私が担当したお客さんがLVMHだった。ルイヴィトン。 もう15年ぐらい前の話。 物凄く必死に調べ、提案書をまとめた。飛行機に飛び

CAMP on PARADE  キャンプオンパレード
TEL:03-5829-9375​

E-MAIL:info@camponparade.com

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

COPYRIGHT © CAMP on PARADE

ALL RIGHTS RESERVED.