top of page

ファイヤーオーケストラの開発にあたっての留意点

キャンプオンパレードの1年目に販売した薪ストーブが2種類あります。


新保製作所さんのロマンチカルストーブ、ヨーロッパのOrlad stove。

その二つの経験が、ファイヤーオーケストラの開発のもとになりました。


薪ストーブってなんだろう?勿論、暖房なんです。ただ、ロマンチカルやOrlandを使うと、それ以上に「火を見る」というのが目的なんだと強く感じます。


ただ、ロマンチカルを使って、二つ感じました。空気の流れを制御しないと、あっという間にガラスが黒くなってしまう。燃えている時でもガラスに手が届かないと、ガラスを綺麗にできないので、黒いままで火が見えない。

Orlandは、持ち運びが出来る薪ストーブの中では文句なしに素晴らしいのですが、如何せん内寸が小さい。日本の薪がそのまま入らない。薪を斜めに入れると、ガラスに薪があたり、その箇所が黒くなっていく。


ファイヤーオーケストラを考えた時は、とにかく、このロマンチカルとOrlandの欠点をなんとかしたい、というのがほぼ全てでした。