ファイヤーオーケストラの開発にあたっての留意点

キャンプオンパレードの1年目に販売した薪ストーブが2種類あります。


新保製作所さんのロマンチカルストーブ、ヨーロッパのOrlad stove。

その二つの経験が、ファイヤーオーケストラの開発のもとになりました。


薪ストーブってなんだろう?勿論、暖房なんです。ただ、ロマンチカルやOrlandを使うと、それ以上に「火を見る」というのが目的なんだと強く感じます。


ただ、ロマンチカルを使って、二つ感じました。空気の流れを制御しないと、あっという間にガラスが黒くなってしまう。燃えている時でもガラスに手が届かないと、ガラスを綺麗にできないので、黒いままで火が見えない。

Orlandは、持ち運びが出来る薪ストーブの中では文句なしに素晴らしいのですが、如何せん内寸が小さい。日本の薪がそのまま入らない。薪を斜めに入れると、ガラスに薪があたり、その箇所が黒くなっていく。


ファイヤーオーケストラを考えた時は、とにかく、このロマンチカルとOrlandの欠点をなんとかしたい、というのがほぼ全てでした。

空気の制御、ガラスが汚れても燃焼中に綺麗に出来るように、日本のキャンプ場の薪がそのまま入るように。


その結論が、45度斜めにして、ガルウィング形状の扉にガラスをはめる、というものでした。


本体の厚み、煙突、内部での調理など、色々と工夫をしたことはあります。

ただ、やっぱりスタートであり開発思想の中心だったのは、空気の制御・ガラスの清掃・日本のキャンプ場の40-50cmの薪、です。


綺麗な綺麗な炎を見る、そのための薪ストーブ。


本当に満足のいく薪ストーブになりました。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

ロシアのこれ以上無い最悪の選択であり、酷い状況が繰り広げられているウクライナ侵攻。 なぜ、このような悪が起こりうるのか、キリスト者(私はプロテスタントのクリスチャンであり、神学者の卵になりかけ)の観点から理解をしようとするのは、神義論とか弁神論と言われます。 今日は、ただ、何故、ウクライナがここまで抵抗するのか理解できない、という事を書きたい。 プーチンが、「ウクライナという国は無い。あれは

ロシアとウクラインの事に関しては、個人のフェイスブックでは、色々と書いてきた。 ただ、一つ、この件に関して、やはり書きたい事がある。 それは、神よ、プーチンを、ロシアの指導者を救いたまえ、という事である。 独裁者を描いた話としては、アンデルセンの「裸の王様」があまりにも有名だ。 「風の谷のナウシカ」で宮崎駿がヴ王を、素晴らしく描いていたりもする。 ここで、ある話を紹介したい。 もう今や、あまり知る

私の母は74歳です。 結構、普通といえば普通、数奇といえば数奇な人生を歩んできました。 そして、去年の11月に、74歳にして牧師になりました。 キリスト教のプロテスタントの牧師というのは、カトリックの神父よりは、なることが難しくないかもしれません。ただ、それでも、神学校に通い、論文を書いて認められ、正式に「按手礼」というイベントを経て、やっとなれるものです。 また、若くして牧師を目指し、30歳代で