パリでプレゼンをして

昔、コンサルティング会社にいた。

すっごくレベルの高いところ。

そこの本当に中核に幹部がインキュベーション会社を立ち上げたときに、創業メンバー、株主、役員として参加した。

その会社は、ベンチャー企業のインキュベーションだけではなく、大企業向けのコンサルティングもやってた。私が担当したお客さんがLVMHだった。ルイヴィトン。

もう15年ぐらい前の話。


物凄く必死に調べ、提案書をまとめた。飛行機に飛び乗って、パリまでの空の中、飛行機の座席で一生懸命、英語のプレゼンをした。


パリのルイヴィトン本社の瀟洒なオフィスに着き、ずらっと、各ブランドのCEO達が並んでいる前でプレゼンをした。あれは、パリのプランタンのそばだったな。

必死にプレゼンをして、ふと顔を上げると、窓からエッフェル塔が見えた。

「あー、パリにいるんだ」とその時、やっと思えた。


だけど、プレゼンは散々だった。

当時、ルイヴィトンが圧倒的にビジネス上のポジションが強く(今もだけど)、そのルイヴィトンの顧客基盤を利用して、他のブランド達にも波及効果をもたらそう、というもの。表参道のルイヴィトンの当時に出来たばかりの店舗を活用して、会員制のビジネスをしよう、という骨子。


「お前は馬鹿か」という類のことまで言われた。ブランドとブランドを混ぜてどうする?何がブランドの価値観なんだ?世界観なんだ?小僧、出直してこい!


ルイヴィトンの日本での成長のポイントとなったのは以下の4つです。

1、絶対にライセンスをしない、他のブランドと交わらない

2、絶対に卸をしない、直販しかしない

3、絶対に自分たちの商品のセールをしない

4、価格を下げる


1は昔よくあった、タオルや靴下にブランドのロゴをつけて、お金をもらうという形態。ライセンスビジネスですね。

LVMHがKENZOやら色々なブランドを買収したら、真っ先にやるのがライセンスビジネスの打ち切り。そして小売店への卸の整理。


2と3は、相まって定価販売しかしない、ということ。誰かが自分より得した、というのが生まれないこと。


価格を下げるって、わかりづらいですね。昔は、パリでの価格の倍以上の価格が日本でついていたのを、パリの価格の3割増ぐらいに下げた。それで並行輸入とかバッタもんを撲滅した。キャンプオンパレードの商品は高いかもしれません。ただ、物を作る方から見たら、原価を考えるとこの売値だと、真似しても儲からないな、という原価率が高い価格設定です。


1−4まで、全て、短期の売上を忘れ、継続して中長期的にブランド価値をあげる、という目的のための基本方針。


キャンプオンパレードは、この4つを絶対に守ります。

1、絶対に他のブランドと交わりません。ブランドのコラボなんて持ってのほか。

2、絶対にキャンプオンパレード直接でしかご提供しません

3、絶対に継続商品のセールはしません

4、今の高い原価率を維持し続けます(物の価値に対して価値のある価格設定を守ります)


これから、まだ継続して、世界観を伝えたいと思うならば、絶対に既存の他のブランドの誘いに乗っちゃいけません。


最新記事

すべて表示

カスケードデザインとかのM&A

最初は、キャンプと関係ないお話から。 難しそうな話ですみません。キャンプオンパレードが成長できたら、どうなるのかな? -------------------------- 私は、オーディオが大好きです。 社会人になって、まだ若輩の時に、物凄いボーナスをもらったことがあります。 それで買ったのが Bowers &Wilkins(B&W)のSilver Signatuer25 というスピーカー。 銀の

CAMP on PARADE  キャンプオンパレード
TEL:03-5829-9375​

E-MAIL:info@camponparade.com

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

COPYRIGHT © CAMP on PARADE

ALL RIGHTS RESERVED.