ナポリのスーツの話とテントのオーダー

2005年ぐらいだったかな?

表参道のルイ・ヴィトンの店舗が出来たばかりのころのお話。


当時、私はコンサルティング・インキュベーションの仕事をしていました。

コンサルティングの私のお客さんがルイ・ヴィトン・ジャパンさんでした。

CELUXというコンセプトの仕事でした。ルイ・ヴィトンの表参道店の、一番上に、秘密の空間があって、そこがCELUXのお店でした。


CELUXでスーツのオーダーをやるということで、何着か作ったことがあります。

ナポリのフィッターのコンスタンティーノさんでした。


ナポリのスーツって、実は分業がしっかりとしていました。

お客さんと話し合い、採寸だけではなく、その嗜好・体型・スーツの使い方を聞いてスーツの完成形をイメージする人。

カットをする人。縫製をする人。それも上着とズボンでは別だったりする。

本当に得意なことを突き詰める、ということなんでしょうね。


私は、割と普通の体型なので、オーダーでスーツを作らなくてもあっちゃう方なのですが、コンスタンティーノさんに作ってもらったスーツは、何だかまるで違う優雅なものになっていました。

パターンオーダーでは、出来ないんだよ、同じように見えて、実は細かいところを工夫しているんだよ、と言われました。型紙なんかから、調整をしているようじゃまだダメで、もっと自由に難易度の高いカットが出来ないと、と。


雑談をしながら、ちゃちゃっと、ちょっと雑に採寸をしているだけかと思っていたら、実は細かな指示をたくさん、書き込んでいたみたいです。



テントのオーダーも同じなのかなあ、と思いました。

Little house... も一応、サイズ設定はしています。ただ、実際にオーダーをされた方はご存知の通り、そのサイズ設定にとらわれずに、色々とやりとりをしながら、テントの仕様を決めていきます。

色の組み合わせを伺いながら、屋根の生地の合わせ方も変えていきます。

色に迷うときには、色々と提案をさせていただいたりしながら、絞り込んでいきます。


実は、キャンプオンパレードのテントにも「型紙」というのはありません。本当に全てのテントがフルオーダーだから、サイズをもとに、毎回、色々な箇所の長さを計算し、フリーハンドで線を引いて、生地を切り出していきます。


時間はかかりますが(お待たせをして申し訳ありません)、でもオーダーテントって、こういうことなんだろうな、と思っています。

狭い工房ですが、他に無い難易度の高いことを、成し遂げているという手応えがあります。


ぜひ、吉祥寺の工房を見学にいらっしゃってください。ご連絡をいただければ、お受けしております。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

キャンプオンパレードは、ギアブランドなのか? まあ、実際にやっていることはキャンプギアを開発をして、お作りをしてお届けをする、ということです。 それだけ見ると、ギアブランドですよね。 ただ、ご存じの方も多いかと思いますが、もともとはギアを開発しようと思って、キャンプオンパレードを始めたのではないのです。 当時、幾つかやっていた飲食店のお店を増やそう。 そうだ、アウトドアよりのイタリアンをしたら、面

ロシアのこれ以上無い最悪の選択であり、酷い状況が繰り広げられているウクライナ侵攻。 なぜ、このような悪が起こりうるのか、キリスト者(私はプロテスタントのクリスチャンであり、神学者の卵になりかけ)の観点から理解をしようとするのは、神義論とか弁神論と言われます。 今日は、ただ、何故、ウクライナがここまで抵抗するのか理解できない、という事を書きたい。 プーチンが、「ウクライナという国は無い。あれは

ロシアとウクラインの事に関しては、個人のフェイスブックでは、色々と書いてきた。 ただ、一つ、この件に関して、やはり書きたい事がある。 それは、神よ、プーチンを、ロシアの指導者を救いたまえ、という事である。 独裁者を描いた話としては、アンデルセンの「裸の王様」があまりにも有名だ。 「風の谷のナウシカ」で宮崎駿がヴ王を、素晴らしく描いていたりもする。 ここで、ある話を紹介したい。 もう今や、あまり知る