テントのオーダーに関して

テントのオーダー受付を再開いたします。

この半年の間も、それなりの数のオーダーをお受けしておりました。ただ、表立ってはやっていなかったかと思います。


工房のテント作成の体制も整い、Little House,,,,そして、The Last Frontierをこの半年弱、特に4月からフル稼働で15張ほど作成をしています。


勿論、中国をより活用したり(withコロナだから難しいけど)、下請けに出したり、オーダーじゃなくて在庫販売にしたりしたら、もっと数を作れるんだと思います。

でも、わざわざキャンプオンパレードにテントの問い合わせをしてくださるのは、自分の個性を反映した拘ったテントを作りたいからだと思っています。

キャンプ場に普通には無いテント。待ってでも拘って作りたいテント。


既製品ではなく、そして単なるパターンオーダーでも無いテント。

ちょっとした落書きから発展していくイメージ。


そういったご期待にお応えしていく工房になりました。


是非、お問い合わせ下さい。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

ロシアのこれ以上無い最悪の選択であり、酷い状況が繰り広げられているウクライナ侵攻。 なぜ、このような悪が起こりうるのか、キリスト者(私はプロテスタントのクリスチャンであり、神学者の卵になりかけ)の観点から理解をしようとするのは、神義論とか弁神論と言われます。 今日は、ただ、何故、ウクライナがここまで抵抗するのか理解できない、という事を書きたい。 プーチンが、「ウクライナという国は無い。あれは

ロシアとウクラインの事に関しては、個人のフェイスブックでは、色々と書いてきた。 ただ、一つ、この件に関して、やはり書きたい事がある。 それは、神よ、プーチンを、ロシアの指導者を救いたまえ、という事である。 独裁者を描いた話としては、アンデルセンの「裸の王様」があまりにも有名だ。 「風の谷のナウシカ」で宮崎駿がヴ王を、素晴らしく描いていたりもする。 ここで、ある話を紹介したい。 もう今や、あまり知る

私の母は74歳です。 結構、普通といえば普通、数奇といえば数奇な人生を歩んできました。 そして、去年の11月に、74歳にして牧師になりました。 キリスト教のプロテスタントの牧師というのは、カトリックの神父よりは、なることが難しくないかもしれません。ただ、それでも、神学校に通い、論文を書いて認められ、正式に「按手礼」というイベントを経て、やっとなれるものです。 また、若くして牧師を目指し、30歳代で