コンダクターズチェアとカーミットチェアの思想の違い

もう何十年も前に作られた「名作」といって良いカーミットチェア。

そのカーミットチェアに範をとったのがコンダクターズチェアです。


ただ、自分で作っていて深く感じたのが、アメリカと日本の物に対する思想の違いです。


カーミットチェアは、バイクツーリング用に開発をされた椅子です。そして、その開発者のカーミットさんは、もう何十年も前に、その椅子の権利自体を今のカーミットチェアカンパニーに売却をしました。


何か、一つが少し立ち上がれば、投資家に売却をするというのが、そもそもアメリカらしい。

ただ、ここで書きたいのは、そんなことではありません。


一つの道具を、手入れをしながら長く使うか、一定使えればそれでいいと考えるか。


カーミットチェアは、木をポリウレタン塗装で頑丈に包んでいます。非常に丈夫です。擦れても傷が非常につきにくい。湿気にも強い。ただ、質感は損なわれます。

コンダクターズチェアは、無垢の木をワックスで仕上げています。湿気には、カーミットチェアよりも弱いです。ただ、質感は明らかに優れている。実は、この仕上げは、質感を大切にしたいという設計だけではなく、この椅子を大切に、蜜蝋などで手入れをしながら、使ってもらいたい、という思いも込めて選んだものです。


無垢の木は、蜜蝋、クルミオイルなどで、磨いていけば、どんどん輝きが、艶が出てきます。色も育っていきます。愛着も湧いてくるでしょう。ただ、その分、手間がかかります。

その手間を、邪魔だと思うか、自分の椅子になっていくステップだと思ってもらえるか。


コンダクターズチェアは、現行品は以前のステンレスプレートをやめて、真鍮のプレートを使っています。これも実は迷いました。真鍮はかっこいいです。高級感があります。

ただ、ステンレスに比べると、変色します。くすんできてカッコよくなるという見方もありますが、経年変化が起きるのは確かです。それを時々、少し磨いてもらうと、より育っていきます。この手間も、邪魔だと思うか、自分の椅子になっていくステップだと思ってもらえるか。


いかにも、日本っぽい発送の椅子なのかもしれません。


工場で大量生産、というところから遠い作り方をしているコンダクターズチェア。蜜蝋や、真鍮のくすみといった、面倒臭い(でも愛おしい)手間が必要な椅子です。


でも、この椅子を大切に思ってくださる方々が、いらっしゃるだろう、と思って作っています。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

越後川口の風景

キャンプオンパレード越後川口ベースキャンプが、本格的に始まってから何度も越後川口に行っています。 東京から、車で3時間。意外と近い。 年末の大雪の時は、大変でした。関越道が大雪で車が百台以上も立ち往生した時とかですね。高速道路に雪が大きく積もって、除雪車が必死になって雪かきを繰り返していました。びっくりしました。 越後川口は、どちらかというと有名じゃ無い場所。観光地でもありません。1994年の新潟

資本の暴力性

次回は、必ずキャンプネタを書きます。脇道にそれるのは、これで一旦、終わり。 物を作り、そのお話を紡いでいくのって、素晴らしいと、今は深く思っています。 アルケゴスの話に続いて。 私が以前に書いた文章の加筆修正。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 私は今までに3回の「バブルの崩壊」を、目の当たりにした。 最初はアジア経済危機、次がドットコムバブルの崩壊、そしてリーマンショックであ

アルケゴスの破綻で思い出しちゃった

キャンプと関係なしの昔話。 先日、アルケゴスというファンド(ファミリーオフィスとか言っているけど、ファンドですね)が、破綻をし、株式市場に激震が走りました。野村証券が大損失を出したりとか。 ゴールドマンとかが、信じられない規模のブロックトレードで株式市場を賑わしたのが先週。 週末ぐらいから、アルケゴスというファンドの破綻だとわかってきた。 1兆円という規模のエクィティに5倍のレバレッジ(株式で5倍