top of page

キャンプシーンが出てくる本

どうでも良い雑談


小さい頃から本が好きで、色々と読み散らかしてました。

その中で、特に児童文学の中でも、キャンプシーンが印象的だった本をご紹介。


大草原の小さな家

意外なところから。大草原の小さな家って、最初の2割ぐらいは、ずっとキャンプシーン。

アメリカの五大湖の近くの森の中を出て、南部の大草原へ向かうんだけど、それがキャンプの連続なんですね。焚き火の熾火の中に、ダッチオーブン(脚の付いているもの)を置いて、料理をする描写とか出てくる。

実は、キャンプオンパレードのテントのLittle House,,, は「大草原の小さな家」から名前を取りました。大草原の小さな家は、英語の題名は、Little House on the prairie、と言います。


ツバメ号とアマゾン号

知っている人、どれだけいるかな?子供たちが、イギリス中部の湖で夏休みを過ごす話。

湖にある小さな島で、キャンプをして一夏過ごします。大雨が降ってくると、コットンのテントが雨漏りをする描写とかも出てきます。灯油でプレヒートをするバーナーが、最先端の調理器具として描写されていたりも。


ナルニア国物語

キャンプのシーンが出てくる巻は幾つもある。「馬と少年」「銀の椅子」とか。

「カスピアン王子の角笛」の挿絵には、貴重なテントの挿絵が幾つも。物凄く、食い入るように見つめて、参考にしています。