アルケゴスの破綻で思い出しちゃった

キャンプと関係なしの昔話。


先日、アルケゴスというファンド(ファミリーオフィスとか言っているけど、ファンドですね)が、破綻をし、株式市場に激震が走りました。野村証券が大損失を出したりとか。


ゴールドマンとかが、信じられない規模のブロックトレードで株式市場を賑わしたのが先週。 週末ぐらいから、アルケゴスというファンドの破綻だとわかってきた。

1兆円という規模のエクィティに5倍のレバレッジ(株式で5倍!) 本当に1兆円あるのか?という疑問もあるけど、まあ、大きな規模ですね。

それで思い出したのが、Tiger CubとかLTCMの話。 リプラスが始まった頃、ニューヨークに行ってファンド集めをしたりしていました。 明神さんに色々と教えてもらったのも、この頃。LTCMにいらっしゃった方々にLTCMの話を色々と聞いたのもその頃。 上場してから、ニューヨークには何度も行った。Tiger が退去したあと、Tiger Cubの面々が使っているオフィスにも行った。何だか、未来の宇宙船のコックピットのようなオフィスだった。Tiger Cubのうちの一つに、「自分たちは、凄い結果を出したいんだ」という話を聞いたのもその時。

明神さんも、LTCMもTiger Cub も今や知っている人がどれだけいるんだろう? 企業家で金持ちになった奴らは単に幸運なだけで、BCGやゴールドマンにいる人の方が賢い、なのに何で単に幸運なだけの奴の方が金を持ってるんだ?と勘違いしていたのも、その頃。


深夜のカンファレンスコールとか、担保株の強制売却とか、懐かしいというか何というか。

思い出さなくても、いいことを思い出しちゃいました。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

キャンプオンパレードは、ギアブランドなのか? まあ、実際にやっていることはキャンプギアを開発をして、お作りをしてお届けをする、ということです。 それだけ見ると、ギアブランドですよね。 ただ、ご存じの方も多いかと思いますが、もともとはギアを開発しようと思って、キャンプオンパレードを始めたのではないのです。 当時、幾つかやっていた飲食店のお店を増やそう。 そうだ、アウトドアよりのイタリアンをしたら、面

ロシアのこれ以上無い最悪の選択であり、酷い状況が繰り広げられているウクライナ侵攻。 なぜ、このような悪が起こりうるのか、キリスト者(私はプロテスタントのクリスチャンであり、神学者の卵になりかけ)の観点から理解をしようとするのは、神義論とか弁神論と言われます。 今日は、ただ、何故、ウクライナがここまで抵抗するのか理解できない、という事を書きたい。 プーチンが、「ウクライナという国は無い。あれは

ロシアとウクラインの事に関しては、個人のフェイスブックでは、色々と書いてきた。 ただ、一つ、この件に関して、やはり書きたい事がある。 それは、神よ、プーチンを、ロシアの指導者を救いたまえ、という事である。 独裁者を描いた話としては、アンデルセンの「裸の王様」があまりにも有名だ。 「風の谷のナウシカ」で宮崎駿がヴ王を、素晴らしく描いていたりもする。 ここで、ある話を紹介したい。 もう今や、あまり知る