top of page

どこでテントの形を見つけるのか?

キャンプオンパレードのスタイルは、クラシック。

ラディゲという小説家が20世記前半のフランスにいました。すごく古典的な形式での恋愛小説を書いたのです。だけど、それが最も先鋭的だった。「最もクラシックなものほど、最もアバンギャルドである」と言ったの。


ラディゲが3本だけ作品を残して、余りにも若くして病で亡くなった衝撃で、ジャン・コクトーが麻薬に溺れてしまい、その治療の過程で書き上げたのが「恐るべき子供たち」です。あの美しい雪合戦のシーンから始まる作品。


今のキャンプシーンで、キャンプオンパレードのような考え方が支持を受けるか?明らかに外れているんでしょうね。


最新のテントの発表を見ても、何だか良く分からないのです。気持ちも盛り上がらない。

普通のヴィンテージテントを見ても、参考にならない。知っているものばかり。



それよりも、昔のローマの文献とか、中世の騎士物語の挿絵とかを見ている方が楽しい。

そうそう、ナルニア国物語の「カスピアン王子の角笛」の挿絵は、すっごく参考になります。