どこでテントの形を見つけるのか?

キャンプオンパレードのスタイルは、クラシック。

ラディゲという小説家が20世記前半のフランスにいました。すごく古典的な形式での恋愛小説を書いたのです。だけど、それが最も先鋭的だった。「最もクラシックなものほど、最もアバンギャルドである」と言ったの。


ラディゲが3本だけ作品を残して、余りにも若くして病で亡くなった衝撃で、ジャン・コクトーが麻薬に溺れてしまい、その治療の過程で書き上げたのが「恐るべき子供たち」です。あの美しい雪合戦のシーンから始まる作品。


今のキャンプシーンで、キャンプオンパレードのような考え方が支持を受けるか?明らかに外れているんでしょうね。


最新のテントの発表を見ても、何だか良く分からないのです。気持ちも盛り上がらない。

普通のヴィンテージテントを見ても、参考にならない。知っているものばかり。



それよりも、昔のローマの文献とか、中世の騎士物語の挿絵とかを見ている方が楽しい。

そうそう、ナルニア国物語の「カスピアン王子の角笛」の挿絵は、すっごく参考になります。


ダブルベルのテントと、ラウンドパヴィリオンを次に手掛けたい。

ダブルベルは、少人数用かなあ。ラウンドパヴィリオンは、アメリカにご夫婦だけでやっている尊敬に値する方がいます。

それって何?と思われるかもしれません。登場をお楽しみにお待ちください。


下の写真は、クリミア戦争の時の写真。写っているのは、一見、ティピーテントに見えますが、良く見ると、少し壁が立っています。そう、ベルテントの一番初期のモデルです。

クリミア戦争でイギリス軍が使っていたのです。1853年から1856年がクリミア戦争。日本だと明治維新の頃。こういった写真や文献を探して、刺激を受けるようにしているのです。


本当に良いと思うものだけを手作りで作り続けていきます。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

ロシアのこれ以上無い最悪の選択であり、酷い状況が繰り広げられているウクライナ侵攻。 なぜ、このような悪が起こりうるのか、キリスト者(私はプロテスタントのクリスチャンであり、神学者の卵になりかけ)の観点から理解をしようとするのは、神義論とか弁神論と言われます。 今日は、ただ、何故、ウクライナがここまで抵抗するのか理解できない、という事を書きたい。 プーチンが、「ウクライナという国は無い。あれは

ロシアとウクラインの事に関しては、個人のフェイスブックでは、色々と書いてきた。 ただ、一つ、この件に関して、やはり書きたい事がある。 それは、神よ、プーチンを、ロシアの指導者を救いたまえ、という事である。 独裁者を描いた話としては、アンデルセンの「裸の王様」があまりにも有名だ。 「風の谷のナウシカ」で宮崎駿がヴ王を、素晴らしく描いていたりもする。 ここで、ある話を紹介したい。 もう今や、あまり知る

私の母は74歳です。 結構、普通といえば普通、数奇といえば数奇な人生を歩んできました。 そして、去年の11月に、74歳にして牧師になりました。 キリスト教のプロテスタントの牧師というのは、カトリックの神父よりは、なることが難しくないかもしれません。ただ、それでも、神学校に通い、論文を書いて認められ、正式に「按手礼」というイベントを経て、やっとなれるものです。 また、若くして牧師を目指し、30歳代で