どこでテントの形を見つけるのか?

キャンプオンパレードのスタイルは、クラシック。

ラディゲという小説家が20世記前半のフランスにいました。すごく古典的な形式での恋愛小説を書いたのです。だけど、それが最も先鋭的だった。「最もクラシックなものほど、最もアバンギャルドである」と言ったの。


ラディゲが3本だけ作品を残して、余りにも若くして病で亡くなった衝撃で、ジャン・コクトーが麻薬に溺れてしまい、その治療の過程で書き上げたのが「恐るべき子供たち」です。あの美しい雪合戦のシーンから始まる作品。


今のキャンプシーンで、キャンプオンパレードのような考え方が支持を受けるか?明らかに外れているんでしょうね。


最新のテントの発表を見ても、何だか良く分からないのです。気持ちも盛り上がらない。

普通のヴィンテージテントを見ても、参考にならない。知っているものばかり。



それよりも、昔のローマの文献とか、中世の騎士物語の挿絵とかを見ている方が楽しい。

そうそう、ナルニア国物語の「カスピアン王子の角笛」の挿絵は、すっごく参考になります。


ダブルベルのテントと、ラウンドパヴィリオンを次に手掛けたい。

ダブルベルは、少人数用かなあ。ラウンドパヴィリオンは、アメリカにご夫婦だけでやっている尊敬に値する方がいます。

それって何?と思われるかもしれません。登場をお楽しみにお待ちください。


下の写真は、クリミア戦争の時の写真。写っているのは、一見、ティピーテントに見えますが、良く見ると、少し壁が立っています。そう、ベルテントの一番初期のモデルです。

クリミア戦争でイギリス軍が使っていたのです。1853年から1856年がクリミア戦争。日本だと明治維新の頃。こういった写真や文献を探して、刺激を受けるようにしているのです。


本当に良いと思うものだけを手作りで作り続けていきます。



最新記事

すべて表示

実店舗に関しまして

去年の夏にキャンプオンパレードではない事業とお別れすることになり、ビル一棟を借りるのも広すぎるということで、移転の計画を立てました。具体的な場所まで決めました。 そうしたら、実はキャンプオンパレードを買収したいという話が舞い込みました。 それで、色々な話を一旦、全てストップ。 だけど、意味がないなあ、と思い、その話は流しました。 年が明けて、ポップアップショップから常設店舗をする話になりました。

CAMP on PARADE  キャンプオンパレード
TEL:03-5829-9375​

E-MAIL:info@camponparade.com

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

COPYRIGHT © CAMP on PARADE

ALL RIGHTS RESERVED.