どこでテントの形を見つけるのか?

キャンプオンパレードのスタイルは、クラシック。

ラディゲという小説家が20世記前半のフランスにいました。すごく古典的な形式での恋愛小説を書いたのです。だけど、それが最も先鋭的だった。「最もクラシックなものほど、最もアバンギャルドである」と言ったの。


ラディゲが3本だけ作品を残して、余りにも若くして病で亡くなった衝撃で、ジャン・コクトーが麻薬に溺れてしまい、その治療の過程で書き上げたのが「恐るべき子供たち」です。あの美しい雪合戦のシーンから始まる作品。


今のキャンプシーンで、キャンプオンパレードのような考え方が支持を受けるか?明らかに外れているんでしょうね。


最新のテントの発表を見ても、何だか良く分からないのです。気持ちも盛り上がらない。

普通のヴィンテージテントを見ても、参考にならない。知っているものばかり。



それよりも、昔のローマの文献とか、中世の騎士物語の挿絵とかを見ている方が楽しい。

そうそう、ナルニア国物語の「カスピアン王子の角笛」の挿絵は、すっごく参考になります。


ダブルベルのテントと、ラウンドパヴィリオンを次に手掛けたい。

ダブルベルは、少人数用かなあ。ラウンドパヴィリオンは、アメリカにご夫婦だけでやっている尊敬に値する方がいます。

それって何?と思われるかもしれません。登場をお楽しみにお待ちください。


下の写真は、クリミア戦争の時の写真。写っているのは、一見、ティピーテントに見えますが、良く見ると、少し壁が立っています。そう、ベルテントの一番初期のモデルです。

クリミア戦争でイギリス軍が使っていたのです。1853年から1856年がクリミア戦争。日本だと明治維新の頃。こういった写真や文献を探して、刺激を受けるようにしているのです。


本当に良いと思うものだけを手作りで作り続けていきます。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

越後川口の風景

キャンプオンパレード越後川口ベースキャンプが、本格的に始まってから何度も越後川口に行っています。 東京から、車で3時間。意外と近い。 年末の大雪の時は、大変でした。関越道が大雪で車が百台以上も立ち往生した時とかですね。高速道路に雪が大きく積もって、除雪車が必死になって雪かきを繰り返していました。びっくりしました。 越後川口は、どちらかというと有名じゃ無い場所。観光地でもありません。1994年の新潟

資本の暴力性

次回は、必ずキャンプネタを書きます。脇道にそれるのは、これで一旦、終わり。 物を作り、そのお話を紡いでいくのって、素晴らしいと、今は深く思っています。 アルケゴスの話に続いて。 私が以前に書いた文章の加筆修正。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 私は今までに3回の「バブルの崩壊」を、目の当たりにした。 最初はアジア経済危機、次がドットコムバブルの崩壊、そしてリーマンショックであ

アルケゴスの破綻で思い出しちゃった

キャンプと関係なしの昔話。 先日、アルケゴスというファンド(ファミリーオフィスとか言っているけど、ファンドですね)が、破綻をし、株式市場に激震が走りました。野村証券が大損失を出したりとか。 ゴールドマンとかが、信じられない規模のブロックトレードで株式市場を賑わしたのが先週。 週末ぐらいから、アルケゴスというファンドの破綻だとわかってきた。 1兆円という規模のエクィティに5倍のレバレッジ(株式で5倍